このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 744
本文ファイル
別タイトル
An Empirical Study on the Effectiveness of Reading Aloud in English Language Reading Classes at a Senior High School Level
著者
NDC
教育
抄録
音読活動は,中学校では当然のごとく行われてはいるが,高校段階になると指導者である教師自身が目的意識もなく,惰性的,習慣的に行う場合が多い。また,音読は重要であるという認識を持ちながら,時間の制約もあって省略,あるいは家庭学習にまかせるという事例も多くある。果たして音読は本当に英語習得に効果があるのかどうかが,教師白身にとって曖昧であることもその原因といえよう。本稿では,中1から高3まで各学年の生徒の音読に対する意識・実行の度合いの調査と,高校2年生を対象に音読が英文記憶保持に効果があるかどうかを検証する実験結果を報告する。
抄録(英)
The activities of reading aloud are adopted in almost all the junior high school English classes and are regarded as taken for granted. At a senior high school level, however, teachers simply make their students read in chorus or individually after comprehending the text without realizing any clear purposes. This means that teachers have a vague idea as to whether reading aloud is an effective activity in English learning. This paper reports students' attitudes toward reading aloud and shows that the activity of reading aloud is effective in keeping the memory of the text they read.
掲載誌名
研究紀要 /広島大学附属中・高等学校
49号
開始ページ
71
終了ページ
75
出版年月日
2003-03-28
出版者
広島大学附属中・高等学校
寄与者
国立情報学研究所
作成年月日
2006-03-21
ISSN
1344-4441
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧