このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28803
本文ファイル
別タイトル
The Circumstances and Subjects of Local Currency in Chugoku-region, Japan
著者
キーワード
地域通貨
地域経済
local currency (community currency)
regional economy
NDC
経済
抄録
わが国における地域通貨への取り組みは300件を超えるといわれる。今回の調査により、中国地方では検討中のものを除いて27件の事例を把握することができた(2004年1月時点)。しかし、継続しているとみられる事例はこのうち4件ないし5件にすぎない。多くは流通実験にとどまっており、なかには地域通貨とは呼べない事例や継続していても実質的に休止している事例が少なくない。地域通貨の流通が長続きしない理由として、地域通貨の意義が十分に理解されていないこと、適切な指導・助言者がいないこと、事務局機能が弱いことなどが考えられる。稼働中の事例が限定されていることもあって、地域通貨による地域経済への影響に関する実証的研究は少ない。今後、地域通貨によるコミュニティ・ビジネスやコミュニティ・ファイナンスへの応用なども視野に入れながら、その実態を着実に研究していく必要がある。
抄録(英)
The groups which try to circulate local currency (community currency) are increasing in Japan. According to some report, they exceed 300 cases. I have found out 27 cases in Chugoku-region through this time research (January 2004). But it is 4 or 5 cases among them that are working at the moment. Many groups are in the stage of experiment, some of them cannot be called local currency and the rest doesn't work substantially. The reasons why local currency does not last long are that; its meaning is not appreciated fully; there are few suitable leaders or advisers about it; many groups have no management functions; and so on. There are few studies about the effect of local currency upon the regional economy. This mainly refers to the fact that most cases aren't going on. We must investigate the influence of local currency against the regional economy in detail taking account of even its application for community business and community finance.
掲載誌名
地域経済研究
15号
開始ページ
79
終了ページ
89
出版年月日
2004-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧