このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44908
本文ファイル
別タイトル
Preventive intervention in eating disorders among university students : Utility of BMI and EAT-26 measures
著者
三宅 典恵 保健管理センター 広大研究者総覧
岡本 百合 保健管理センター 広大研究者総覧
永澤 一恵 保健管理センター
矢式 寿子
内野 悌司 保健管理センター
磯部 典子 保健管理センター 広大研究者総覧
黄 正国 保健管理センター 広大研究者総覧
池田 龍也
二本松 美里
吉原 正治 保健管理センター 広大研究者総覧
キーワード
Eating disorder
eating attitude
university students
mental health
NDC
教育
抄録(英)
Eating disorders (ED) is a topic in campus mental health in recent years. ED is characterized by aberrant patterns in eating behaviors, including extreme restriction of food intake or binge eating, and disturbance in attitudes toward weight. ED is an important cause of physical and psychosocial morbidity in young women. The symptoms of ED are important issues in campus mental health. As ED is associated with school absence, the prevention and early detection of ED is of extreme importance. We investigated the body mass index and prevalence of aberranteating attitudes among university students. On campus, it may be important to provide students with appropriate information regarding ED, and offer early support to individuals suffering from, or at risk of, ED.
掲載誌名
総合保健科学
33巻
開始ページ
11
終了ページ
15
出版年月日
2017-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2017 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
保健管理センター
他の一覧