このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 44897
本文ファイル
別タイトル
Early support for university students with ADHD tendencies
著者
三宅 典恵 保健管理センター 広大研究者総覧
岡本 百合 保健管理センター 広大研究者総覧
永澤 一恵 保健管理センター
矢式 寿子
内野 悌司 保健管理センター
磯部 典子 保健管理センター 広大研究者総覧
黄 正国 保健管理センター 広大研究者総覧
小島 奈々恵
二本松 美里
吉原 正治 保健管理センター 広大研究者総覧
キーワード
ADHD
大学生
メンタルヘルス
university students
mental health
NDC
教育
抄録
近年,注意欠如/ 多動性障害(ADHD)の大学生の存在が注目されるようになってきている。ADHD の主症状には,不注意,多動性,衝動性があるが,多動性は成長とともに軽減するため,成人例は小児例と比較して不注意が目立つ傾向が多く,大学生においては,学業不振が顕著となりやすい。ADHD に関する社会的な認知度も少しずつ高まりつつあるが,学生生活に困難さを感じながらも,相談に至らない学生は少なくない。われわれは,大学生を対象にADHD の症状に関するアンケート調査を実施した。不注意さや集中力の困難さ,落ち着きのなさにより,大学生活で困る頻度が高いと回答した学生も多く,ADHD の症状を有する学生の存在も考えられる。ADHD に関する知識を得ることで,ADHD の学生が自分自身の特性の気づきにつながることもあり,学生や教職員に対してADHD の知識や情報の提供,早期の相談を呼びかけていくことが必要であると思われる。
抄録(英)
Recently, problems in adults with attention-deficit/hyperactivity disorder (ADHD) has been an attention-getting topic in campus mental health. ADHD is characterized by inattention and/or hyperactivity-impulsivity symptoms. Adult ADHD is especially characterized by inattention. Poor academic performance is significant in university students with ADHD. Comorbidities with other psychiatric disorders are common and can lead to further impairments. Social recognition about ADHD is increasing little by little, but there is little consultation from students who are troubled with inattention. In this study, a questionnaire about ADHD was conducted to university students. Many students were troubled by inattention and/or hyperactivity-impulsivity which made their lives difficult. On campus, it would be important to provide the students with appropriate information about ADHD, and to offer them with early support.
掲載誌名
総合保健科学
32巻
開始ページ
1
終了ページ
8
出版年月日
2016-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2016 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
保健管理センター
他の一覧