このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26340
本文ファイル
別タイトル
The Curriculum Development for Collaboration between Kindergarten and Elementary School from the Point of Children's Experiences (6)
著者
青原 栄子
大橋 美代子
金田 敏治
NDC
教育
抄録
本研究は, 広島大学附属三原幼稚園及び広島大学附属三原小学校での実践を事例として, 幼稚園と小学校低学年の教育内容を子どもの経験の蓄積という観点から見直し, 子どもの経験が階層的に生かされるカリキュラムとして提案することを目的としている。小学校第1・2学年に, 認識の基礎を育成する発見科, 表現力を育成する表現科を新設した。さらに, 幼稚園年長の園児が一層「感じたりイメージしたり発見したり考えたりする経験」が積めるようにと, 発見科と表現科の両者の視点で保育を行う「発見・表現の時間」を新設した。本小論では, 「発見・表現の時間」を設置した効果について, 子どもたちのエピソードをもとに分析した結果から考察した。自発的に発見・表現をしようとする子どもや興味から追究する子ども, 試行錯誤しながら表現する子どもの姿が多く見られるようになり, 効果が認められた。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
37号
開始ページ
205
終了ページ
210
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧