このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35276
本文ファイル
別タイトル
A preliminary study for analysis of three dimensional change of children's palates and alveolar ridges in pre-dentition period
著者
片山 亜沙美
岩前 里子
キーワード
口蓋の発育
形態変化
三次元計測
palatal development
morphology change
three dimensional measurement
NDC
医学
抄録
無歯期小児における口蓋および歯槽部の経時的な形態変化を縦断採得した模型資料により立体的に分析するための基礎研究として、三次元形状計測装置を用いて、成長に伴う口蓋および歯槽部の形態変化について検討を行い、以下の結論を得た。
1)口蓋の側方および垂直方向への成長変化は生後6か月までは大きいが、その後はゆるやかであった。
2)生後7日から3か月までは側方への成長が大きく、特に生後7日から1か月にかけての成長変化が最大となった。
3)生後6か月以降は口蓋前方部の前方向への成長が大きかった。

口腔内模型を三次元形状データに変換することにより、面積や体積の計測が可能になり、数値のみならず形態変化を視覚化することが可能となった。
抄録(英)
The purpose of this study was to analyze the growth of palates and alveolar ridges in pre-dental period longitudinally and 3-dimmensionally. The study models obtained from a few volunteers during pre-dentition stage at appropriate intervals were scanned to create the corresponding 3D surface models by the use of a non-contact 3D surface scanner, and the morphological changes during growth and development periods of each individual were analyzed.
1) The palates considerably increased laterally and vertically during the first six months, and leveled off.
2) The palates increased, to a large extent, in lateral direction during first one months, and then gradually increased within 3months.
3) The size of anterior palates increased in a sagittally within the first six month.

At last, the three-dimensional measuring system was useful aid to analyze the development of jaws of the nepionic children.
掲載誌名
日本歯科CAD/CAM学会誌
2巻
2号
開始ページ
87
終了ページ
98
出版年月日
2012
出版者
日本歯科CAD/CAM学会
日本デジタル歯科学会
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2012 日本デジタル歯科学会, all rights are reserved.
関連情報URL
部局名
医歯薬学総合研究科