学習システム研究 5号
2017-03-31 発行

初等社会科における社会統合カリキュラム : 米国・シカゴ大学実験学校レイ教諭による実践をもと

The power of integrating the social studies curriculum with society in American elementary schools : A review of Rob Ley’s practice
阪上 弘彬
本文ファイル
抄録
 本稿では,2016 年7 月2 日および5 日に広島大学学習システム研究センター主催で行われた講演会「アメリカの教育改革と学校教育の再設計-シカゴ大学実験学校の21 世紀型学習-」におけるロブ・レイ教諭の発表「小学校のクラスにおける社会科の統合」および同教諭の編著本Homework Done Right: Powerful Learning inReal-Life Situations をとりあげ,「統合カリキュラム」,「統合カリキュラムとしての社会科の学習内容」,そして「教室と社会・生活をつなぐ学習」の3 つの視点から報告・紹介するものである。
3種類の統合カリキュラムの中でも,健全型統合は,子どもの達の社会やコミュニティにおける生活や経験をもとにした社会科の内容や考え方だけでなく,読みや計算の力の活用もまた求めており,社会に関する学習やよい市民の育成が,社会科の枠,時には学校での学習を超えて行われるものであることを示していた。また編著本所収の宿題「選挙人登録により拡大する民主主義」における学習・課題は,子どもたちの「主体的・対話的で深い学び」の保障をするものであった。
キーワード
社会科
統合カリキュラム
宿題
教室と社会をつなぐ教育
Social Studies
Curriculum Integration
Assignment/Homework
Education Connecting the Classroom and the Society