学習システム研究 5号
2017-03-31 発行

日本史教師のカリキュラムデザインを支援するメンタリング・プログラムの開発

Developing mentoring programs supporting curriculum design by Japanese history teachers
石川 照子
本文ファイル
抄録
 本稿の目的は,高校の若手日本史教師を対象に,カリキュラム全体をデザインする力の育成を支援するためのメンタリング・プログラムを開発,提案することである。歴史学習,特に日本史B では通史学習が前提となっており,通史で学ぶ意味を若手教師が自ら再考することには限界がある。そこでメンターの支援によって,日本史教授の目的を絶えず問い直しながら自らの授業の省察を促すことで,歴史を学ぶことそれ自体が目的化した日本史カリキュラムを再構築できることをメンタリングの目標とする。
 提案する本プログラムは「自分の授業実践の目標を意識化する」,「授業の選択可能性を広げる」,「自己の変化をメタ認知する」という3 つのフェーズ(局面)から成り立ち,各フェーズに共通するメンタリングの基本的なプロセスは,①授業観察→②アンケート→③対話→④資料提供→⑤フォローアップ,の5 段階である。本プログラムは,同じ県内に在職する他校の若手教師の協力を得て実施した試行プランに修正を加え,さらに同僚・専門家の助言を得て再構成したものである。本プログラムの中核をなす「ねらい」についての度重なる対話は,一定期間にわたって継続して行われるため,一回限りの授業ではなかなか気づくことのできない自らの授業理論を意識化することを可能とする。また,それを通じて通史学習に内在する課題を自覚したうえで日本史カリキュラムをデザインできるゲートキーパーとしての教師の成長が期待できる。
 本稿の意義は,これまでブラックボックスとなっていたメンタリングの過程を,各フェーズのねらいに沿って具体化,可視化した点にある。また,本プログラムにおけるメンターの多様で具体的な介入の方法は,他教科や教育実習生の指導へも応用可能である。
キーワード
メンタリング・プログラム
教師のゲートキーピング
カリキュラムデザイン
通史学習
Mentoring Program
Teaching Gatekeeping
Curriculum Design
Chronological History Learning
権利情報
Copyright (c) 2017 学習システム促進研究センター