広島大学大学院生物圏科学研究科瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター報告 16号
2018 発行

広島県産カブトガニに関する生物学的記録 : 成体の表在生物2種および野鳥に捕食されたと考えられる幼体死骸

Biological notes on Tachypleus tridentatus (Leach, 1819) in Hiroshima Prefecture, Japan: two species of epibiotic organisms found on adults, and the carcass of a juvenile presumably eaten by a bird
近藤 裕介
平野 勝士
樫本 賢一郎
飯田 健
米谷 まり
藤 太稀
大塚 攻 大学院生物圏科学研究科附属瀬戸内圏フィールド科学教育研究センター 広大研究者総覧
本文ファイル
抄録
2016年8月5日に広島県竹原市ハチ干潟で発見されたカブトガニ成体に,表在生物のカブトガニウズムシおよびカニエラエボシが確認された.また,2017年9月20日には野鳥に捕食されたと考えられるカブトガニ幼体の死骸が発見された.
内容記述
本研究の一部は公益財団法人福武財団「瀬戸内海文化研究・活動支援助成」によって行われたことを明記する.
キーワード
広島県
カニエラエボシ
カブトガニ
カブトガニウズムシ
死骸
Ectoplana limuli
Carcass
Hiroshima Prefecture
Octolasmis neptuni
Tachypleus tridentatus