廣島大學經濟論叢 42巻 1・2号
2018-11-30 発行

国際複占競争における関税政策と汚染量との関係についてのゲーム理論分析 : シュタッケルベルグモデル

A Game Theoretical Analysis of Tariff Policy in an International Duopoly Market and Global Emissions: Stackelberg Model
福田 勝文 大学院国際協力研究科 広大研究者総覧
大内田 康徳 大学院社会科学研究科 広大研究者総覧
本文ファイル
抄録
本稿は、貿易自由化が環境汚染排出に与える影響について、クールノー型国際複占競争モデルを用いて分析したBeladi and Oladi(2011)[Resource and Energy Economics 33 (1): 172-78]の研究をシュタッケルベルグ競争モデルに拡張した。得られた結果は以下のとおりである。貿易自由化が自国企業の汚染排出量を減少させ、その一方で外国企業の汚染排出量を拡大させる。結果として、世界全体の汚染排出量を拡大・減少させることになる。特に、外国企業の汚染排出技術が自国企業の同技術よりも効率的であれば、貿易の自由化は世界全体の汚染排出量を減少させる。本稿での分析の結果、クールノー競争や外国企業が先手の場合に比べて、自国企業が先手の場合、より広いパラメータ領域において世界全体の汚染排出量が減少することが明らかになった。
権利情報
Copyright (c) 2018 広島大学