このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46742
本文ファイル
別タイトル
Reexamining the Relationship between the Spillover Effects of Local Public Goods and Optimal Revenue-Matching Grant Rates
著者
楊 通
大澤 俊一 大学院社会科学研究科 広大研究者総覧
キーワード
地方公共財
スピルオーバー
最適補助率
Local public goods
Spillovers
Optimal revenue matching grant rates
NDC
財政
抄録
地方公共財から生じるスピルオーバーの大きさと、国から地方への最適補助率の関係を示す従来のモデルでは、公共財は消費的外部性しか持たなかった。そこで本稿では、地方公共財が大気の改善のための政策などのように、その地域の住民の効用だけでなく地域の生産性も上げるものとする。さらに他地域への消費・生産両面の外部性を持つ場合にモデルを拡張し、公共財のスピルオーバーの大きさ、地域の限界生産性と最適補助率の関係を検討する。そして、従来より一般化した結論を導き、興味深い最適補助率についての新たな命題を導き出している。
抄録(英)
The conventional model indicates a relationship between the degrees of spillover arising from local public goods and the optimal revenue-matching grant rates from central government to local government. In the model, an increase in local public goods only impacts utilities. Therefore, we expand the model in this paper to include general public goods, general public capital, and public goods with the characteristics of local public capital. We examine the relationship between the degree of spillover effect and the optimal revenue-matching grant rates, and consider the external effect of both consumption and production. Thus, we obtain a more generalized conclusion and provide a new perspective.
掲載誌名
地域経済研究
29号
開始ページ
33
終了ページ
39
出版年月日
2018-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
ISSN
1884-7455
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?