このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46741
本文ファイル
別タイトル
Method for Identifying Local Tax Office Productivity: A Reexamination of the Output
著者
若松 泰之 大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
キーワード
徴税事務
アウトプット
納期内納付率
Local tax collection
Output
Noukinai-noufuritsu
NDC
財政
抄録
自治体は最少の徴税費で最大の税収を徴収すべきであり、これまで多くの方法で地方税徴収の効率性が検証されてきた。多くの先行研究では税収がアウトプットとして用いられてきたが、そのアウトプットの利用のしかたは必ずしも適切であったとは言えない。自治体別・税目別に納期内納付率に差が存在するかもしれないからである。本稿は、千葉市と東広島市という限られたデータではあるが、自治体別・税目別に納期内納付率に差がある可能性を確認した上で、納期内納付率の差も反映させた徴税事務のアウトプットの算出方法に関して、1つの考え方を示した。
抄録(英)
Local government should collect more local tax revenues in the cheapest possible manner. The productivity of local tax offices has been studied over time using a variety of methods. Tax revenues have been used as the output to measure the productivity in many previous studies. However, this method is not necessarily the most appropriate because there may be also differences in the Noukinai-noufuritsu between local governments. We confirm these differences using limited data from Chiba and Higashi-Hiroshima cities. We propose a better method to measure productivity by considering the Noukinai-noufuritsu.
掲載誌名
地域経済研究
29号
開始ページ
25
終了ページ
32
出版年月日
2018-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
ISSN
1884-7455
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?