このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45480
本文ファイル
別タイトル
Correlation Between the Qualities and Abilities and their Adaptability to School, and Developmental Changes as Seen in Elementary and Junior High School Children: Focusing on the Factors, “Subjectivity and Activeness,” “Pride,” and “Cooperation in Labor”
著者
若松 美沙
若松 昭彦 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
髙橋 均 大学院教育学研究科 広大研究者総覧
キーワード
小中学生
資質・能力
学校適応
発達的変化
elementary and junior high school children
qualities and abilities
adaptability to school
developmental changes
NDC
教育
抄録
本研究では,小学3年生から中学3年生までの児童生徒計1,775名を対象に,「主体性・積極性」,「自尊心」,「協働する力」から構成される「資質・能力質問紙」(若松・部谷岡ら,2017)を用いて,多面的に学校適応との関連を検討するとともに,学年ごとの資質・能力の量的差異について分析を行った。まず,重回帰分析の結果では,「自尊心」と「協働する力」の標準偏回帰係数(β)が有意であり,学校適応への弱い正の影響が示された。次に,学年(7)×下位尺度(3)の分散分析を行った結果,資質・能力の学年進行による量的差異は,「主体性・積極性」,「自尊心」,「協働する力」の間で相互に異なることが明らかになった。これらの資質・能力を育成することは,学校生活のみならず,生涯にわたり社会生活を営む上での基盤となる力の向上につながるものであると考えられる。今後は,学年進行による縦断的変化についての更なる検討が必要である。
抄録(英)
This study considers the diverse aspects of the correlation between outcomes of the survey, “Qualities and Abilities Questionnaire” (Wakamatsu, Hiyaoka et.al. , 2017) covering qualities such as “subjectivity and activeness,” “pride,” and “cooperation in labor,” conducted among 1,775 students from 3rd grade in elementary school to 3rd year in junior high school, and their ability to adapt to school. The study also analyzed the quantitative differences seen among the qualities and abilities of the different grades. Firstly, multiple regression analysis showed that the standard partial regression coefficient β was significant for “pride” and “cooperation in labor,” showing slight positive influence to adaptability to school. Secondly, the analysis of variance on grade (7) x subscale (3) showed that the quantitative difference in qualities and abilities depending on the advancement of grades are different among “subjectivity and activeness,” “pride,” and “cooperation in labor.” Nurturing these qualities and abilities will result in improving the skills that will become the foundation for the students’life-long social life, and there is need for further consideration of changes that occur according to advancement of grades.
掲載誌名
初等教育カリキュラム研究
6号
開始ページ
63
終了ページ
75
出版年月日
2018-03-31
出版者
初等教育カリキュラム学会
ISSN
2187-6800
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2018 初等教育カリキュラム学会
部局名
教育学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?