このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 36160
本文ファイル
別タイトル
Long-Term Demographic Forecasting for the Chugoku Region Until 2050 : An Estimation Considering the Characteristics of Inter-Regional Migration <Article>
著者
中野 一慶
大塚 章弘
キーワード
少子高齢化
地域人口予測
多地域モデル
Aging society
Regional population forecasting
Multi-regional model
NDC
経済
抄録
本稿では新たに男女別・年齢別の転出者数と転入者数が地域間で整合し、地域間移動を経済格差や移動動態で説明した人口モデルを開発することで、2050年までの中国地域の長期人口予測を行った。年齢別の転出率を考慮したモデルからは、今後進展する少子高齢化により人口変動において社会増減が縮小し、自然減が支配的になることが示された。さらに、高度成長期に人口が多く流入した広島県では今後20年間で高齢者数が24%も増加するとともに、自然減の規模が徐々に拡大していくことが示された。また、2005~2010年の転入超過率を一定と仮定したモデルを採用している他機関の推計と比較すると、他機関の推計が悲観的な予測値であることが明らかとなった。さらに、出生率の変動は各地域の2050年時点の人口に対して1割ほどの規模で影響を与えることがわかった。
抄録(英)
This paper develops a population forecasting model for the Chugoku region in Japan, highlighting the consistent structure of interregional migration, and the effects of economic disparity between regions. By considering the changes in out-migration rate by age, the results show that population aging causes a reduction in interregional migration, which leads to natural demographic change dominating. Moreover, it is predicted that elderly people will rapidly increase by 24% in Hiroshima prefecture due to the aging of post-war baby boomers that had inflow during the rapid growth period, and so again natural demographic change will become increasingly significant. The forecasts of other institutions, which assume that the net migration rate during 2005-2010 will remain constant in the future, are more pessimistic than the results found in this paper. Lastly, the change in the fertility rate may affect the prefectural population in the Chugoku region in 2050 by around 10%.
掲載誌名
地域経済研究
25号
開始ページ
77
終了ページ
89
出版年月日
2014-03
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
ISSN
1884-7455
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?