このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34887
本文ファイル
別タイトル
BASEL Ⅲ and IFRS : One consideration about the strategy of equity capital in financial institutions <Notes>
著者
キーワード
バーゼルⅢ
普通株式等Tier1
カウンターシクリカル
資本保全バッファー
IFRS
NDC
経済
抄録
本稿では,自己資本のあり方を中心に,金融機関の経営に対するバーゼルⅢとIFRS の影響を考察した。バーゼルⅢは,国際的に業務展開している銀行の健全性を維持するため,バーゼル委員会が2010年に公表した自己資本規制である。2008年以降の世界的な金融危機を背景に,その規制内容は以前のものと比べ格段に厳しく広範なものとなった。一方,IFRS は国際会計基準審議会が作成する企業会計基準である。多国籍企業の増加や資本移動の自由化等に伴い,高品質の国際基準としての改善が図られた。

これら2つの制度の金融機関に対する影響は小さくなく,既に経営戦略の抜本的な見直しを迫られると予想される先もある。特にバーゼルⅢは,各国とも国内制度化を検討している段階にあるものの,わが国での取扱いはいまだ不明確である。さらに,その課題や問題点は地域金融機関や協同組織金融機関においてより深刻化すると考えられ,地域経済に影を落とす可能性もある。この意味では,今後の国内議論を注視するとともに,その影響度合いについても慎重に見極めていかなければならない。
掲載誌名
広島大学マネジメント研究
13号
開始ページ
159
終了ページ
166
出版年月日
2012-12-26
出版者
広島大学マネジメント学会
ISSN
1346-4086
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2012 by Author
部局名
社会科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?