このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33631
本文ファイル
著者
Kamada, Nanao
Saito, Osamu
Kimura, Akirou
NDC
平和学
抄録(英)
We estimated external and internal effective doses for 15 residents who lived approximately 37 km northwest of the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant. The average cumulative effective dose was 8.4 mSv for adults and 5.1 mSv for children. The average committed effective dose from 134Cs and 137Cs was 0.055 mSv for adults and 0.029 mSv for children. The committed effective doses for thyroid gland was 27-66 mSv at maximum.
掲載誌名
IPSHU English Research Report Series
28号
開始ページ
95
終了ページ
98
出版年月日
2012-03
出版者
広島大学平和科学研究センター
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2012 Institute for Peace Science, Hiroshima University
部局名
平和科学研究センター
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?