このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31603
本文ファイル
別タイトル
Biological efficacies of Miso
著者
NDC
医学
抄録
わが国の代表的発酵食品の一つである味噌について, 健康や長寿に良いことが伝承されてきたが, 食塩の過剰摂取による弊害のおそれも指摘されてきた。これまで味噌等の発酵食品の健康・栄養に関する知見については伝承的な説明が広く知られていたが科学的な研究の発展が遅れていた。近年, 動物を用いた臨床研究, 分子生物学, 分子栄養学の研究が進展し, 味噌を含む発酵食品の健康機能性が急速に明らかにされつつある。本解説では, 味噌の抗癌効果を長年に亘って研究し味噌の生理機能研究を牽引してきた研究者の一人である著者に, これまでのご自身の研究成果と国内外の研究成果を紹介していただき, 味噌の健康機能について幅広くわかりやすく解説していただいた。
掲載誌名
日本醸造協会誌
105巻
11号
開始ページ
714
終了ページ
723
出版年月日
2010-11-15
出版者
日本醸造協会
ISSN
0914-7314
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2010 日本醸造協会
部局名
原爆放射線医科学研究所



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?