このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29481
本文ファイル
著者
Yamauchi, Takeo
Nunomura, Noboru
キーワード
Cymothoidae
fish parasite
new combination
new distributional record
new host record
vertical distribution
ウオノエ科
魚類寄生虫
新結合
新分布記録
新宿主記録
垂直分布
NDC
動物学
抄録
加野泰男博士が1974-2000年に富山湾で採集したウオノエ科魚類寄生虫標本45個体を調査した結果,以下の5属4種3未同定種を確認した:ウオノコバン属(新称)の未同定種Nerocila sp.(宿主:マハゼAcanthogobius flavimanus),ウオノギンカ属(新称)の未同定種Anilocra sp.(宿主:コノシロKonosirus punctatus),ソコウオノエCeratothoa oxyrrhynchaena(宿主:アカムツDoederleiniaberycoides),タイノエCeratothoa verrucosa(宿主:マダイPagrus major),Mothocya parvostis(宿主:サヨリHyporhamphus sajori),エラヌシ属の未同定種Mothocya sp.(宿主:メジナGirella punctata,チャガラPterogobius zonoleucus),Elthusa raynaudii。タイノエの学名は新結合である。ソコウオノエは水深30-300mで採集された。本種は全長12-26cmのアカムツから採集され,アカムツに普通にみられる寄生虫であると考えられた。ウオノギンカ属の種とElthusa raynaudiiは日本海で初めて記録された。コノシロ(ニシン科)はウオノギンカ属の,そしてチャガラ(ハゼ科)はエラヌシ属の新宿主記録となる。
掲載誌名
Bulletin of the Toyama Science Museum
33巻
開始ページ
71
終了ページ
76
出版年月日
2010
出版者
富山市科学博物館
ISSN
1882-384X
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
国際協力研究科
総合博物館



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?