このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28827
本文ファイル
別タイトル
Building of Regional Econometric Input-Output Model in Chugoku Region : Economic Outlook for the Year 2030
著者
森岡 隆司
大塚 章弘
キーワード
地域計量経済・産業連関モデル
経済予測
中国地域
Regional Econometric Input-Output Model
Economic Forecast
Chugoku Region
NDC
経済
抄録
少子・高齢化、グローバル化など激しい社会・経済の変動にさらされている地域において、これからの地域経済をどう再構築し維持していくのか、その将来ビジョンを描くことの重要性が高まっている。そこで本稿では、中長期を対象とした中国地域マクロ経済の変動と産業構造の変化を同時に見通すことが可能な中国地域計量経済・産業連関モデルの開発を行った。これは『平成12年中国地域内産業連関表』(経済産業省)を基礎に、地域内32部門別産出額および粗付加価値額、民間最終消費、民間住宅投資、民間設備投資などの地域内需要、さらに地域内で生み出される所得などを整合的に把握しうるモデルである。同モデルの特徴は、需給動向を反映して投入構造が内生的に変化するというメカニズムを有する点にある。同モデルを用いて中国地域経済における2030年までの経済予測を行った結果、中国地域の実質経済成長率は年率平均で0.93%とほぼ全国(0.94%)並みに推移する結果が得られた。人口減少により域内需要は低い伸びにとどまるものの、中国地域経済が基盤とする化学、石油・石炭製品、鉄鋼、一般機械、電気機械、輸送機械などの産業において域外需要牽引型の成長が予測される。
抄録(英)
In recently years, dramatic changes in economic and social environment, such as aging population, globalization of economic activities, and so on, have increased uncertainty about the future of local areas in Japan, including Chugoku region. As a result, it has become more important than ever for each region to have its own vision for the future of the economy and society. This paper presents a newly developed "regional econometric input-output model for Chugoku region (CREIM)" that can produce a long-term outlook for the Chugoku region's macro-economy and industries. Unlike conventional models, this model enables analysts to make forecasts of detailed structural changes in the inter-industry relations in the Chugoku region's economy, along with ordinary macro-economic projections, with input-coefficients changing endogenously every year during the projection period. Using the model, we carried out a forecast for the period 2002–2030.

The results reveal that the projected average annual growth rate of real GDP in Chugoku region is 0.93% during 2002–2030. While private final consumption expenditure and housing investment will be getting depressed, external demand-led growth is expected in Chugoku region, especially in the leading industries such as chemical products, petroleum and coal products, iron and steel, general machinery, electrical machinery and transportation equipment, due to the continuous expansion in world trade.
掲載誌名
地域経済研究
19号
開始ページ
37
終了ページ
58
出版年月日
2008-03-31
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?