このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28817
本文ファイル
別タイトル
Local industry and regional industrial promotion policies in Bingo region, Hiroshima : as a groping case, not a model case
著者
張 楓
キーワード
木材工業集積地
地域活性化対策
模索ケース
agglomeration area of lumber and wood products
regional revitalization measures
groping case
NDC
産業
抄録
1990年代以降に本格化した日本経済のグローバル化によって地域に対する国際的影響や国家財政の疲弊が進む中で、地域の自立・活性化とそのための地場産業・産地の再生・振興が緊急の課題となっている。本稿では、こうした問題意識から出発して、木材工業集積地である備後地域松永地区における地場産業や地域経済の再生・振興を図る地域活性化対策を「模索ケース」として紹介した。具体的には備後地域地場産業振興センターの地場産業活力強化事業と福山商工会議所の地域振興活性化事業、松永地区住民団体の「ゲタリンピック」による町おこしなどである。これらの取り組みは直ちに地域振興につながる、いわゆる「モデルケース」ではなくても、いろいろな問題を抱えながらの「模索ケース」であり、地場産業と地域の再生・振興への大きな第一歩であると評価したい。今後、こうした「模索ケース」についてのさらなる分析またはそれを踏まえた地域活性化対策の構築が求められよう。
抄録(英)
While the influence of globalization upon Japanese economy and impoverishment of public finance are getting severe, it becomes an urgent subject for each region to regenerate and promote their local industries. In this paper, we consider a groping case of revitalization of regional industries in Matsunaga, Bingo, where is known as an agglomeration area of lumber and wood products. It includes 1) the projects to strengthen the local industries by Bingo Region Local Industry Promotion Center, 2) the regional revitalization measures by the Fukuyama Chamber of Commerce and Industry, 3) a town promotion event named "Geta Olympic Game" by the residents, etc. These measures are the first step to the regeneration and promotion of the local industries. A further analysis on such "Groping cases" and improvement of the regional promotion measures based on it should be requested in the future.
掲載誌名
地域経済研究
17号
開始ページ
87
終了ページ
96
出版年月日
2006-03-31
出版者
広島大学大学院社会科学研究科附属地域経済システム研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
文学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?