このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28689
本文ファイル
別タイトル
養殖マダイに寄生するクビナガコウトウチュウの生活環
著者
Yasumoto, Susumu
キーワード
Longicollum pagrosomi
parasite
Pagrus major
life cycle
amphipod
NDC
動物学
抄録
長崎県にあるマダイ養殖場の網生簀から採集したヨコエビ類3種(クビナガワレカラ, ネオカリフォルニアワレカラ, ムシャカマキリヨコエビ近似種)を, 本寄生虫に感染していないマダイに与えた。その結果, 投与後1~5日にマダイの腸にクビナガコウトウチュウの寄生が認められた。網生簀内ではマダイはヨコエビ類を摂食してクビナガコウトウチュウの寄生を受けると考えられた。また, 投与後3日までに, すべてのクビナガコウトウチュウがマダイの直腸に見られ, 寄生部位の特異性が示された。
掲載誌名
魚病研究
31巻
4号
開始ページ
235
終了ページ
236
出版年月日
1996-12-15
出版者
日本魚病学会
ISSN
0388-788X
1881-7335
NCID
言語
英語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 1996 The Japanese Society of Fish Pathology
部局名
生物圏科学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?