このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28105
本文ファイル
別タイトル
Davidson's contribution to theories of communicative competence
著者
キーワード
コミュニケーション能力
第二言語教育
第二言語コミュニケーション
NDC
西洋哲学
教育
抄録
コミュニケーション能力に関して, 応用言語学においてはウィドウソンの論を例外として, 個人内での意味交渉などの動的過程を説明する理論は形成されなかった。本論は哲学者デイヴィドソンの議論が, ウィドウソンの論を拡充し, 第二言語教育に貢献するものであることを示す。デイヴィドソンの事前理論・即事理論の論証は, 言い誤り・聞き誤りを多く含む第二言語コミュニケーションをうまく説明する。彼の理論は, 特定のコミュニケーション成立からコミュニケーション能力を説明し, 原則に基づいた認知的な推論の働きがコミュニケーションに大きく関与していることを明らかにしている点で, コミュニケーション能力論に独自の貢献をなしている。彼の議論は, コミュニケーションは, 従来考えられていたように事前理論の共有によって成立するものではないこと, およびコミュニケーションを目指す教育は言語学的意味での「言語」を超えた教育となることを明らかにしている。
抄録(英)
Although various theories of communicative competence have been put forward in applied linguistics, the dynamic process of negotiation of meaning in the individual has mostly been left unexplained, other than by Widdowson. This paper argues that Donald Davidson's philosophical analysis extends and elaborates Widdowson's argument and thus contributes to theories of communicative competence and second language education. Davidson's concepts of prior theories and passing theories are particularly suited to accounting for communication in a second language which is successful despite many mistakes and errors. Davidson starts his argument from the assumption of such successful communication, and not from the Chomskian ideal assumption of the knowledge of language. He then makes it clear that communication is a cognitive as well as a linguistic process. From his argument we learn that passing theories are one of the two major targets of second language education along with prior theories, and that teaching language for communication necessarily goes beyond the strict boundary of 'language' as is assumed in theoretical linguistics.
掲載誌名
日本教科教育学会誌
25巻
2号
開始ページ
1
終了ページ
10
出版年月日
2002-09-30
出版者
日本教科教育学会
ISSN
0288-0334
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2002 日本教科教育学会
部局名
教育学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?