このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 27623
本文ファイル
別タイトル
李善传记考
著者
NDC
中国文学
抄録(他言語)
继隋·萧该『文选音』始创了『文选』注释后、侍奉隋炀帝·唐太宗的曹宪确定了「文选学」的地位、其后又为李善继承了这项研究。可是、李善不但继承了前人以标附音注、解释词义为主的注释、就是对『文选』正文作者的言浯表达、也以举典为据作出了详尽的解释。这一首创的体例使『文选』得以流传后世、并因此而取得了极其重大的成果。

本文是在研究了现存中与李善相关的传记等资料的基础上、对李善这种新型「文选学」问世的经纬所作的考察。首先、本文以史书、墓志为资料对被称为江夏李氏的李善家谱作了考察、从而阐明了李善的先报中如晋·李充等既已有注释家的存在。既而、又依据『旧唐书』、『新唐书』等资料、推定了李善传记中至今尚难判明的生年、出仕、流罪及赦免的时期、进而推断出李善将『文选』注上表时是在四十岁前、其后至去世的约三十年间亦专心致志於『文选』注的补订。
掲載誌名
広島大学文学部紀要
56巻
開始ページ
81
終了ページ
99
出版年月日
1996-12-27
出版者
広島大学文学部
ISSN
0437-5564
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
文学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?