このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24905
本文ファイル
著者
山崎 勝義 大学院理学研究科 広大研究者総覧
キーワード
Wigner-Witmer相関則
Building-up principle
構成原理
Term
等核2原子分子
NDC
化学
抄録
分子を構成している各原子のterm(項) から,分子がとりうる電子状態のtermを決定するための原理である構成原理(building-up principle)は,G. Herzbergが著した,分子分光学のバイブルとも呼べる"Molecular Spectra and Molecular Structure"と題する3冊のテキスト(I~III)のうちの2冊(第I巻と第III巻)に詳しく説明されている。異核の2原子からなる2原子分子のterm決定に戸惑う部分はないが,等核2原子からできる2原子分子のterm決定においては"超"難解な点が存在する。たとえば,同種原子の同電子状態(^3S+^3S) からなる2原子分子のtermが,^1Σ^+_g,^3Σ^+_u,^5Σ^+_gになることが第I巻,p. 321のTable 28に記されているが,なぜ,スピン多重度ごとに反転対称性(g, u対称)が異なるのかわからないという疑問が発生する。Herzbergのテキストには,理由が「Wigner-Witmer相関則によって」と書かれているのみで,論理的な根拠や解説は述べられていない。本書は,分子分光学や量子化学の分野において基本的な重要事項の1つであるにもかかわらず,原理や導出に関する解説がほとんど行われることなく,最終結果だけが引用(利用)されてきたWigner-Witmer相関則を正確に理解するために書かれた monographである。
内容記述
第4版第17刷
出版者
漁火書店
作成年月日
2018-04-18
言語
日本語
NII資源タイプ
図書
広大資料タイプ
単行書
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
Copyright (c) 2018 Author
関連情報
第4版第8刷(2008)
第4版第12刷(2008)
第4版第16刷(2013)
関連情報URL
部局名
理学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?