このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14982
本文ファイル
著者
山崎 勝義 大学院理学研究科 広大研究者総覧
キーワード
Pauli原理
Slater行列式
反対称化波動関数
射影演算子
NDC
化学
抄録
分子の電子状態の記述において,Pauliの原理を満足する固有関数(=反対称化波動関数)を表現するためにSlater行列式を用いるのは量子化学における常識である。しかし,多くの物理化学の教科書では,一般的なn電子系に対するSlater行列式が示されるのみで,具体的に行列式を組み上げたり,行列式を展開した結果を見る機会がないまま,単に"便利がいい物"という紹介で終わることが少なくない。このため,Slater行列式という言葉は知っていても道具として使えない状況に陥り,結果的に,量子化学の楽しみ方がわからなくなることが多いようである。本書は,Slater行列式が,軌道関数とスピン関数を同時に扱いながらPauli原理(=Fermi粒子の交換による反対称化)をきちんと満足する固有関数を与えるための素晴らしい武器であるということを理解するために書かれたmonographである。
内容記述
第6版第17刷
出版者
漁火書店
作成年月日
2018-11-11
言語
日本語
NII資源タイプ
図書
広大資料タイプ
単行書
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
Copyright (c) 2018 by Author
関連情報
第2版第4刷(2004)
第6版第10刷(2008)
第6版第12刷(2014)
第6版第13刷(2016)
関連情報URL
部局名
理学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?