このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14959
本文ファイル
著者
山崎 勝義 大学院理学研究科 広大研究者総覧
キーワード
群論
変換行列
行列要素
ユニタリー
エルミート
行列力学
NDC
化学
抄録
群論で主役を演じる指標を理解するためには、変換行列(群論では表現行列とも呼ぶ)の理解が不可欠である。群論の教科書での変換行列の解説は、通常、あるベクトルに対象操作が施されたとき、操作前後でのベクトルの成分(ベクトル先端の座標値)相互の関係を表す行列として始められる。しかし、群論を化学に応用し、"道具"として利用するときには、ベクトル(の成分)よりも一組の基底関数に対象操作が施されたときの変換行列を扱う頻度の方がはるかに高い。ところが、成分と基底の変換行列の表記法に対して統一性を欠く成書があることや、成書ごとに異なる表記法が採用されていることを原因として、誤解や混乱が生じるケースが少なくない。成分(=座標、ベクトル)と基底(=座標軸)それぞれの変換の意味と相違点を理解し、行列力学を"武器"として使えるようになるための基礎を身に付けることがこのmonographの目的である。
内容記述
第6版第8刷
出版者
漁火書店
作成年月日
2018-06-10
言語
日本語
NII資源タイプ
図書
広大資料タイプ
単行書
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
権利情報
Copyright (c) 2018 by Author
関連情報
第4版(2006)
第5版第3刷(2008)
第5版第7刷(2013)
第6版第5刷(2018)
関連情報URL
部局名
理学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?