このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 143
本文ファイル
別タイトル
Comparison of the event-related potentials between REM sleep
著者
高原 円
片岡 奈央
堀 忠雄
キーワード
REM sleep
sleep onset period
event-related potentials
P300
P400
P200
NDC
医学
抄録
ヒトの意識水準は入眠に伴って低下するが,外界に対する注意機構は失われるわけでなく,睡眠中も持続的に機能していることが示されている.中でもREM (rapid eye movement) 睡眠期の心理・行動特性は,覚醒時の水準に近いと考えられており,外部刺激に対して行動反応することが出来るという報告や,夢見体験という精神活動が多く報告されている (例えばAserinsky & Kleitman, 1953;Dement & Kleitman, 1957; Jouvet et al., 1959).しかし,脳波パタンは,入眠期の睡眠段階1 に近く,低振幅で不規則な状態である.また,入眠期にも,入眠時心像と呼ばれる心理体験が生じることや緩徐な眼球運動 (slow eye movement, SEM) が現れることなど,REM睡眠期と入眠期には共通項が多いといえる. 睡眠中の脳内の情報処理過程を検討する上で,有効な指標として事象関連電位 (event-relatedpotential, 以下ERP と略す) が挙げられる.睡眠中のERP の研究報告は数多く,これらの研究もまた,睡眠中にも脳は外部刺激に対して応答しているという証拠を示している. 本研究では,覚醒時とREM 睡眠期と入眠期の外界刺激に対する応答性をERP を用いて比較する
抄録(英)
During the tonic period of rapid eye movement (REM) sleep, deviant stimuli elicited a P200 and a late positive wave peaking at 380 ms after stimulus onset. The P200 was more anteriorly and the late positive wave was more posteriorly distributed than the P300 in wakefulness. The amplitude of the late positive wave was larger in the attend condition than in the passive condition. During the sleep onset period, deviant stimuli elicited a P200 and a P400. The P400 was more posteriorly distributed than the P300 in wakefulness. The amplitude of the P400, however, did not differ between the attend and the passive conditions. Our findings suggest that the late positive wave in the REM tonic period resembles the P400 in the sleep onset period but these components are modulated differently by attention.
掲載誌名
広島大学総合科学部紀要. IV, 理系編
28巻
開始ページ
1
終了ページ
11
出版年月日
2002-12
出版者
広島大学総合科学部
寄与者
国立情報学研究所
ISSN
1340-8364
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
総合科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?