このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47427
file
creator
武内 康佳
description
本稿は西日本言語学会2018年大会の発表「ケラビット語バリオ方言における接辞 ne-, pe-, be- -an の機能について 発話動詞 karuh, keneh, mala, belaan, nuru? を中心に」を発展させたものである。
journal title
NIDABA
issue
Issue 48
start page
31
end page
40
date of issued
2019-03-31
publisher
西日本言語学会
issn
0289-0089
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Letters
他の一覧