このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34879
file
title alternative
The Report of MAZDA's Common Archtecture Vision : The one of the Common Archtecture Vision Features <Paper>
creator
Shiomi, Kousuke
subject
研究開発管理会計
部品共通化
マツダ
コモンアーキテクチャ構想
試作費低減
NDC
Economics
abstract
高機能で多様な製品を製品開発し続けることで,企業に大きな負担がかかることは否定できない。そして,その負担を軽減する技術として,製品を構成する部品種類数を削減する方法が存在する。これまでにも,設計部品図管理に優れるModular Design,部品群を生産ライン群と絡めて捉えるVariety Reduction Program,設備投資費の検討も行なうTypen und Teile などがその例として挙げられよう。これらの従来の部品種類数削減方法には,製造原価低減に関する問題点が存在し,その問題点のひとつの解決方法をマツダのコモンアーキテクチャ構想が提供した。

よって,本論文では,従来の部品種類数削減方法の問題点を解決するコモンアーキテクチャ構想の特徴のひとつについて述べる。
journal title
Hiroshima University Management Review
issue
Issue 13
start page
47
end page
56
date of issued
2012-12-26
publisher
広島大学マネジメント学会
issn
1346-4086
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2012 by Author
department
Graduate School of Social Sciences
他の一覧