このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14806
file
title alternative
中国語における副詞の誤用について
An error analysis of Chinese adverbs
creator
NDC
Chinese
abstract
本稿は、日本人大学生の中国語作文に見られる副詞の誤用を記述し、分析したものである。誤用のタイプは、1)副詞の語順、2)副詞の脱落、3)副詞の添加、4)副詞の区別使用、5)統語範疇の混同の5つから構成されている。副詞の語順については、"经常"、"快要"、"实在"、"差不多"などが文頭に置かれる誤用や、"一块儿"と"一下"が文末におかれる誤用を分析した上で、"都"や"常常"を例に、2つ以上の副詞が並べられる際の語順の問題に言及し、"将"と"已经"が語順によって生じる意味の違いを指摘した。副詞の脱落の問題としては、まず、"一下"と"点儿"をめぐって、一般的な脱落の問題を議論した。次に"几乎"に呼応して使われる"都"や"全"、"・除了・・・"構文における"还"、"早在・・・・"構文における"就"、"我想・・・・"構文における"一定"、比較文における"更"や"还是"が添加されるといった副詞の呼応法の問題を考察した。さらに複文において、"也"、"又"、"就"、"在"などの脱落を例に挙げ、従属文に呼応して主文の中で共起する副詞の使用問題に触れつつ、"从・・・・就・・・・"、"只要・・・・就・・・・"、"即使・・・・也・・・・"のように、連詞(接続詞)と呼応して用いられる副詞の脱落問題を検討した。副詞添加の問題については、"都"、"就"、"已经"、"很"等が誤って添加される問題を取り上げ、"忽然"と"很"、"这么"と"很"、"比什么"と"最"の併用に見られる副詞の濫用を例にして、分析を展開した。副詞の区別使用に関しては、7つのグループに分けて論を進めた。まず、程度副詞として、"再"と"更"、"更"と"也"、"一点儿"と"有一点儿"、"越发"と"更加"および"进一步"の区別を明確にした。時間副詞として、"经常"と"总是"、"偶尔"と"有时"、"一点儿"と"一会儿"、"从前"と"以前"、"一旦"と"暂时"、"就"と"已经"の使い分けを明らかにした。また、範囲副詞としての"也"と"都"や、重複副詞としての"再"、"还"、"又"の相違点を示し、語気副詞の"太"と"真"が陳述文にそぐわないという特徴、さらに"必定"と"一定"の相違や、推測副詞の"大概"と"大约"、否定副詞の"没"と"不"、"全然"と"根本"の相違の解釈を試みた。統語範疇の混同の問題としては、形容詞"整个"と"种种"を副詞に用いたり、逆に"几乎"と"恐怕"を形容詞に用いたりする副詞と形容詞の混同を検証した。副詞"好像"の代わりに使われる"显得"や、副詞"一直"または"还"の代わりに使われる"继续"を例にして、副詞と動詞の混同を分析した。最後に連詞"或者"と副詞"也"の混用や、"又・・・・又・・・・"と"或者・・・・或者"の誤用を取り上げ、連詞と副詞との混同を検討した。
journal title
Memoirs of the Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University. V, Studies and linguistic culture
volume
Volume 31
start page
159
end page
185
date of issued
2005
publisher
広島大学総合科学部
issn
0385-1494
ncid
SelfDOI
language
chi
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Integrated Arts and Sciences
他の一覧