ID 33810
file
creator
Yoshida, Yasuhiro
NDC
Medical sciences
contents
第I章 概要 / p1
第II章 光重合型レジンモデルによる圧縮変形挙動について / p3
 第1節 序言 / p3
 第2節 実験材料および方法 / p4
  1. 材料の種類および試料形態が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p4
  2. 無機フィラー含有率が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p7
 第3節 実験結果 / p9
  1. 材料の種類および試料形態が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p9
  2. 無機フィラー含有率が圧縮変形挙動に及ぼす影響 / p9
 第4節 考察 / p13
第III章 光重合型レジンモデルによる破壊領域解析 / p15
 第1節 序言 / p15
 第2節 実験材料および方法 / p16
  1. 実験材料 / p16
  2. 実験方法 / p17
 第3節 実験結果 / p18
  1. ビッカース圧子圧入により生じた破壊領域の検討 / p18
  2. 試料表面性状と破壊領域との関係 / p20
  3. 圧子圧入時間との破壊領域との関係 / p21
  4. 負荷荷重と破壊領域との関係 / p23
 第4節 考察 / p27
  1. 表面性状,圧子圧入時間,負荷荷重と破壊領域との関係 / p27
  2. 理論解析モデルによる塑性変形領域解析 / p28
  3. 理論解析モデルによる測定値の検討 / p34
第IV章 シリカ系ガラスモデルによる破壊領域解析 / p36
 第1節 序言 / p36
 第2節 実験材料および方法 / p36
  1. 実験材料 / p36
  2. 実験方法 / p37
 第3節 実験結果 / p38
  1. ビッカース圧子圧入により生じた破壊領域の検討 / p38
  2. 圧子圧入時間と破壊領域との関係 / p38
  3. 負荷荷重と破壊領域との関係 / p38
 第4節 考察 / p42
第V章 総括 / p44
参考文献 / p45
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
grantid
乙第2867号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(歯学)
degreename En
Dentistry
degreelevel
doctoral
date of granted
1996-06-27
department
Graduate School of Biomedical Science