このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 413
file
title alternative
An Introduction to Graph Theory : One-path Writing and Euler's Theorems
creator
Kohno, Yoshifumi
NDC
Education
abstract
本論文のテーマである'一筆がき'と'正多面体の分類'はかつて数学教育の現代化の流れの中で中3の教材として扱われたものである。この教材が消えた背景については賛否両論があるであろうが, ケーニヒスベルクの橋わたりの問題を解決するために, オイラーがこの問題をいかにして数学的問題として捉え, それをどのようにして解決したか学ばせることは, '問題を数学化する手法に触れさせる'あるいは'どのような道具立てをして問題解決をはかるか'を知らせる上で, 好ましいものと思われる。指導する学年, 指導する中身については更なる検討が必要であるが, 生徒が興味をもち, 意欲的に取り組む教材として, 考察の対象になりうるものと考えられる。
journal title
BULLETIN /THE ATTACHED JUNIOR AND SENIOR HIGH SCHOOL HIROSHIMA UNIVERSITY
issue
Issue 46
start page
31
end page
37
date of issued
2000-03-31
publisher
広島大学附属中・高等学校
contributor
国立情報学研究所
date of created
2006-03-21
issn
1344-4441
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Attached Schools
他の一覧