このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24950
file
creator
NDC
Japanese
contents
はじめに
一、両系統の訓共に和名類聚抄に認められるもの
二、朱筆訓(丹波重基の訓点)のみが和名類聚抄に認められるもの
三、墨筆訓(藤原行盛の訓点)のみが和名類聚抄に認められるもの
四、「俗云」等注記に関するもの
五、医心方の漢字と和訓との対応が和名類聚抄に認められないもの
まとめ
journal title
鎌倉時代語研究
volume
Volume 3
start page
133
end page
154
date of issued
1980-03-31
publisher
鎌倉時代語研究会
広島大学国語学研究室
isbn
4838601204
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Letters
他の一覧