このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45903
file
title alternative
Student Modelling for ICAI in View of Cognitive Science : Process Driven Model Inference Method
creator
Nakamura, Yuichi
Uehara, Kuniaki
Toyoda, Jun'ichi
NDC
Education
abstract
本論文では,学生の問題解決過程および誤りに対する認知的競点からの考察に基づいて,学生モデルの記述法であるプロセスモデルと,プロセスモデルで記述された学生モデルを生成するプロセス駆動型モデル推論法を提案する.更に,生成された学生モデルを用いることによって可能となる誤りに対する指導を検討する.プロセスモデルは,学生の知識運用の過程を表現しており,これを用いることにより学生の知識運用上の誤りを表現することができる.知識自体の誤りは,運用の誤りの固定化としてとらえることができる.プロセス駆動型モデル推論法は,問題解決過程のプロセスモデルを摂動することにより,その問題の解決過程で発生する知識運用の誤りをモデル化する.知識運用の誤りの原因は,モデルの生成過程で加えられた摂動により説明できる.本学生モデルを用いることにより,知識運用の誤りに対して,運用の誤りの原因を指摘し,知識を正しく運用するように誘導する指導が可能となる.この指導は.知識自体の誤りに対しては,誤った知識の発生原因に対する指導となっている.
journal title
電子情報通信学会論文誌 D
volume
Volume J73-D2
issue
Issue 3
start page
408
end page
417
date of issued
1990-03
publisher
電子情報通信学会
issn
0915-1923
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 1990 IEICE
relation url
department
Graduate School of Engineering
note
論文冒頭記載の著者名に「平島 宗」とあるのは「平嶋 宗」の誤り