このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45496
file
title alternative
Review of meta-analyses on prevention of the common cold
creator
subject
かぜ症候群
予防
メタ解析
common cold
prevention
meta-analysis
NDC
Medical sciences
abstract
かぜ症候群は誰でもしばしば罹患する疾患であり,自然治癒する疾患であるが,症状は数日続き,欠席や欠勤が余儀なくされる場合もある。かぜ症候群の予防について,現時点で,どの程度のエビエンスが蓄積されているかを検討するために,かぜ症候群の予防に関するメタ解析論文をレビューした。PubMed でかぜ症候群(インフルエンザを含む)の予防に関するメタ解析論文で,2007年以降に発表され,2017年12月末に検索可能な英語で発表されたものを検索した。プロバイオティクス,ビタミンD,エキナセアは2報以上メタ解析がなされており,かぜ症候群に対する有意な予防効果が示されていた。メタ解析が1報だけであるが,予防効果が認められた薬剤には漢方薬であるペラルゴニウム(ゼラニウム),亜鉛含有薬,多価機械的細菌溶解物があった。また,手指衛生とマスク着用,運動,そして,湿気とカビによる建物損傷の改修も,かぜ症候群の予防に有効と報告されていた。ビタミンC 等,予防効果があると考えられるものの,有意差が認められていないものもあり,今後さらなる検討が必要である。
abstract
The common cold is frequently treated by family physicians. Although it is generally benign, the symptoms can last for several days, causing missed work and study days. To examine prevention of this condition, we searched the English literature for meta-analyses on prevention of the common cold including influenza on PubMed from 2007 to the end of 2017. There were at least two or more meta-analyses on probiotics, vitamin D, and echinacea, and all of them showed significant preventive effects of these agents. Although one meta-analysis showed that pelargonium, zinc, polyvalent mechanical bacterial lysate, hand hygiene and wearing masks, exercise, and repairing buildings damaged by dampness and mould offered significant preventive effects, vitamin C had only a marginal effect on prevention. Further examinations are needed to clarify the effects of various measures to prevent the common cold.
journal title
Bulletin of general health research, Hiroshima University Health Service Center
volume
Volume 34
start page
67
end page
74
date of issued
2018-03-01
publisher
広島大学保健管理センター
issn
0911-3231
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2018 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
department
Health Service Center
他の一覧