このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 517
file
creator
村上 和男
NDC
Education
description
生活の中から関数関係を見つける力を養う目的で, ガリレオによる斜面上の落下実験をヒントに, 車輪をレール(角材)の上でころがす落下実験を行った。伴って変わる2つの量を何種類か生徒に考えさせ, その中から「車輪の大きさ(直径)と落下速度」について調べることとした。数名単位の班に別れ, 自分で作った車輪で実験データをとり, グラフにする事によって関数関係を求めることができた。この種の落下実験では2つの量として落下距離と落下時間を扱うことが多いが, 生徒は車輪の大きさと速さに注目した。参考にする文献や資料もないため, かえって興味深く学習することができた。
journal title
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
volume
Volume 40
start page
9
end page
12
date of issued
2000-03-18
publisher
広島大学教育学部附属福山中・高等学校
contributor
国立情報学研究所
date of created
2006-03-21
issn
0916-7919
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Attached Schools
他の一覧