このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37553
file
title alternative
Developing a class on “global social learning” with a focus on culture : Employing cooperation of the three affiliated elementary schools
creator
NDC
Education
abstract
本研究ではグローバル社会に対応した国家・社会の構造を認識する授業を構成するに当たり,今年度は文化のグローバル化に着目し,グローバル社会学習の授業開発を行った。成果は次の3点である。第1に,文化のグローバル化によって生じる問題を,文化の伝播と既存文化の関係から迫ることができた点である。文化のグローバル化は,急速かつ大量の物質的文化とともに制度的文化の伝播をもたらし,既存社会で吟味・再創される前に取り込まれた結果,既存社会の制度的文化の衰退を招いた。第2に,グローバル社会で既存文化を持続する手掛りを,文化のグローバル化の特徴や既存文化の特質から分析・検討できた点である。グローバル社会で既存文化を持続させるには,それに内在する普遍的・特殊的価値を世界が認める必要がある。そのためには,自国民が自国文化の価値に気づき,それを魅力的な文化として世界発信していく必要がある。第3に,文化に焦点化したグローバル社会学習の授業類型を示し,授業開発・実践できた点である。文化の伝播の方向性や既存文化の種類を焦点化することで「INPUT-伝統文化型」,「INPUT-現代文化型」,「OUTPUT-伝統文化型」「OUTPUT-現代文化型」の4類型を示した。
abstract
We have developed a class based on global social learning, in which students can learn to recognize what national and social structures are related to the global society. This involved three areas. First, we recognized the problem of the globalization of culture, which we approached from the perspective of how global culture spreads and how it relates to the existing cultures. Second, to discover more regarding the preservation of existing cultures in a global society, analysis was undertaken to compare the characteristics of globalized culture with those of the existing cultures. Third, we showed types of global social learning where there were class development and class practice. We showed four types of learning: “INPUT: traditional culture type,” “INPUT: contemporary culture type,” “OUTPUT: traditional culture type,” “OUTPUT: contemporary culture type.”
journal title
THE ANNALS OF EDUCATIONAL RESEARCH
issue
Issue 43
start page
153
end page
162
date of issued
2015-03-26
publisher
広島大学学部・附属学校共同研究機構
issn
1346-5104
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Attached Schools
他の一覧