このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 39812
file
Thumnail ipshu_51.pdf 4.45 MB
creator
Ikenberry, G.John
Amano, Mari
Inoguchi, Takashi
Held, David
Yuge, Akiko
Akashi, Yasushi
Finlay, Brian D.
Mizumoto, Kazumi
Yamamoto, Takehiko
NDC
Peace Science
contents
巻頭言...4
第Ⅰ部 戦後国際関係に果した国際機関の役割
 The Future of Multilateralism:Governing the World in a Post-Hegemonic Era...G.John Ikenberry...6
 『ジュネーヴ軍縮会議』の取り組み : その成果と現状...天野万利...12
 War Occurrence and Multilateral Institutions...Takashi Inogushi...17
第Ⅱ部 混沌とする世界における国際機関の強化
 Gridlock: Why Global Cooperation is Failing When We Need it Most...David Held...20
 Post-2015 Development Agenda and the Role of the United Nations...Akiko Yuge...27
 混沌とする世界と国際機関の強化...西田恒夫...32
基調講演
 日本と世界の当面するチャレンジ...明石康...37
第Ⅲ部 ヒロシマは何ができるのか?
 MULTILATERALISM IN A GLOBALIZED WORLD : Meeting Grand Global Challenges...Brian D. Finlay...43
 被爆地からの訴えは核軍縮を促したか...水本和実...49
 北東アジア非核兵器地帯の実現に向けた広島の役割...山本武彦...55
 ヒロシマの思想、そして今後のヒロシマの役割...川野徳幸...59
巻末言...73
資料1 シンポジウム・ポスター...75
資料2 キーワード集...77
資料3 参加者アンケート結果...82
description
広島大学平和科学研究センター/新潟県立大学共催国際シンポジウム
journal title
IPSHU研究報告シリーズ
issue
Issue 51
date of issued
2015-03
publisher
広島大学平和科学研究センター
issn
1342-5935
ncid
language
jpn
nii type
Others
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2015 広島大学平和科学研究センター
department
Institute for Peace Science
他の一覧