このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31225
file
title alternative
A basic study on the development of young children's musical ability (1) :Focusing on young children's singing voice in unison singing.
creator
Hayashi, Yoshie
Yukawa, Keiko
Yoshihara, Chiemi
Inoue, Yoshiko
Tsubota, Shiho
Yamanaka, Satomi
Higashi, Kanako
Miyatani, Tomoko
Kawasaki, Chiho
NDC
Education
abstract
本研究の目的は, 幼児が一斉歌唱活動を行う際に伴奏の有無, およびイヤホンで自分の声をモニターしながら歌うか否か, という異なる条件下で幼児個々の歌声がどのように変化するのかを明らかにすることである。その結果, 以下のことが明らかとなった。第1に, 正確な音高での歌唱は, イヤホンで自分の声をモニターすること, および伴奏による音高の補助があることの2つの要素によって導かれる。第2に, 正確な音高での歌唱に密接に関わるのは, 年少では自分の声をモニターする要素であり, 年中および年長では伴奏の要素である。第3に, G4以上の高い音域よりもG4未満の低い音域の方が正確な音高で歌唱できる。第4に, どなり声の生起は一斉歌唱時に自分の声が聞こえにくい状況においてその生起率は高くなる。しかし, 年長になると伴奏の有無やイヤホンの有無といった条件への依存度が低くなり, どのような条件下でも比較的一定して歌声に近いものとなる。
journal title
THE ANNALS OF EDUCATIONAL RESEARCH
issue
Issue 39
start page
105
end page
110
date of issued
2011-03-24
publisher
広島大学学部・附属学校共同研究機構
issn
1346-5104
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Attached Schools
他の一覧