このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33576
file
title alternative
Terminological differences in 'competence' and other terms
creator
NDC
English
abstract
英語教育の目標をコミュニケーション能力の育成とすることは一般に認められているが、その「能力」概念について必ずしも明確な理解がなされているとはいえない。本論文では「能力」関連諸概念を英語文献において検討し、それらの差異と類似性を表現できる訳語を提示する。英語文献においてはcompetence, ability, capacity, capabilityに関して、ある程度の使い分けが成立しているのにもかかわらず、多くの日本語文献ではこれらが一括して「能力」と訳されて、それらの差異が失われた議論がなされている。これらにはそれぞれ「能力」、「力」、「対応力」、「総合力」という訳語を与えることによってそれぞれの用語のニュアンスが伝えられると考えられる。またproficiencyと(language) facultyに対しては、それぞれ「熟達度」、「(言語)機能」という訳語が定着しているが、これらが能力概念と関連していることを示すためには「実力」、「(言語)才力」という訳語が考えられる。
journal title
CASELE research bulletin
issue
Issue 34
start page
87
end page
96
date of issued
2004-05-01
publisher
中国地区英語教育学会
issn
0385-1192
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
本論文の著作権は中国地区英語教育学会に属する
department
Graduate School of Education