このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24631
file
title alternative
Materials for the Introduction of Braille Touch Reading in Japanese Language Textbooks in the Elementary School Division of Schools for the Blind
creator
Shin, Kazue
subject
盲学校
国語教科害
点字触読導入教材
NDC
Education
abstract
昭和4年から平成17年までに文部(科学)省から発行された盲学校小学部国語教科書に掲載された点字触読導入教材を比較検討することにより、盲児に対する点字触読教材の在り方を検討した。その結果、現在の点字触読導入教材には見られない、①学齢児のみならず、加齢児のための学習教材、②触り方の基礎学習を意図した触察導入教材、③点字未習得の盲児に配慮したページ表示、④両手を効率的に用いる読み方を促す教材、についての工夫がなされていたことがわかった。さらに.点字指導の方法には唯一絶対というものはなく、基礎基本を踏まえた点字触読指導が大切であることが分かった。点字指導の必要な対象は、盲学校に在籍する1年生、中途視覚障害児、重複障害児、通常の学級に通う盲児まで幅広く考えられる。彼らにより良い教科書を提供するためにも、これらの事項は点字教科書における触読導入教材の検討課題であるといえる。
journal title
The Bulletin of the Center for Special Needs Education Research and Practice, Graduate School of Education, Hiroshima University
issue
Issue 4
start page
49
end page
57
date of issued
2005-12
publisher
広島大学大学院教育学研究科附属障害児教育実践センター
issn
1348-2645
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧