このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32962
file
creator
Kobayashi, Maki
NDC
Education
abstract
バレーボールは,ネットをはさんで相対して攻防を展開するネット型の球技である。バレーボールが持っている楽しさのひとつとして,3回という限られた触球回数の中で攻撃へと組み立てスパイクを打つことがある。スパイクを打つためには,個人的技能の向上を図るとともに,ゲームでのポジション毎の役割や動きを習得することが必要である。その中でも,特にスパイクへつなげるための「トス」が重要と考え,「トス」に重点を置いたパターン練習を中心に授業を計画し,実践した。その結果,スパイクへつなげる「トス」への意識が高まるとともに,お互いの動きの関係の中でポジショニングを考えたり,次のプレーの予測をしたりしながらゲームができるようになり,スパイクを打つ機会が多くみられるようになった。また,ポジション毎の役割や動きの理解が深まり,スパイクを打つ機会が増えることで助言活動も活発に行われるようになった。
journal title
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
volume
Volume 48
start page
217
end page
228
date of issued
2008-03-20
publisher
広島大学附属福山中・高等学校
issn
0916-7919
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Attached Schools
他の一覧