このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46586
file
title alternative
A Game Theoretical Analysis of Tariff Policy in an International Duopoly Market and Global Emissions: Stackelberg Model
creator
NDC
Economics
abstract
本稿は、貿易自由化が環境汚染排出に与える影響について、クールノー型国際複占競争モデルを用いて分析したBeladi and Oladi(2011)[Resource and Energy Economics 33 (1): 172-78]の研究をシュタッケルベルグ競争モデルに拡張した。得られた結果は以下のとおりである。貿易自由化が自国企業の汚染排出量を減少させ、その一方で外国企業の汚染排出量を拡大させる。結果として、世界全体の汚染排出量を拡大・減少させることになる。特に、外国企業の汚染排出技術が自国企業の同技術よりも効率的であれば、貿易の自由化は世界全体の汚染排出量を減少させる。本稿での分析の結果、クールノー競争や外国企業が先手の場合に比べて、自国企業が先手の場合、より広いパラメータ領域において世界全体の汚染排出量が減少することが明らかになった。
journal title
The Hiroshima Economic Review
volume
Volume 42
issue
Issue 1・2
start page
11
end page
18
date of issued
2018-11-30
publisher
広島大学経済学会
issn
0386-2704
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2018 広島大学
department
Graduate School of Social Sciences
Graduate School for International Development and Cooperation
他の一覧



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times