このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28689
file
title alternative
養殖マダイに寄生するクビナガコウトウチュウの生活環
creator
Yasumoto, Susumu
subject
Longicollum pagrosomi
parasite
Pagrus major
life cycle
amphipod
NDC
Zoology
abstract
長崎県にあるマダイ養殖場の網生簀から採集したヨコエビ類3種(クビナガワレカラ, ネオカリフォルニアワレカラ, ムシャカマキリヨコエビ近似種)を, 本寄生虫に感染していないマダイに与えた。その結果, 投与後1~5日にマダイの腸にクビナガコウトウチュウの寄生が認められた。網生簀内ではマダイはヨコエビ類を摂食してクビナガコウトウチュウの寄生を受けると考えられた。また, 投与後3日までに, すべてのクビナガコウトウチュウがマダイの直腸に見られ, 寄生部位の特異性が示された。
journal title
魚病研究
volume
Volume 31
issue
Issue 4
start page
235
end page
236
date of issued
1996-12-15
publisher
日本魚病学会
issn
0388-788X
1881-7335
ncid
language
eng
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 1996 The Japanese Society of Fish Pathology
department
Graduate School of Biosphere Science



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times