このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14976
file
creator
subject
微視的可逆性
詳細釣り合いの原理
RRKM理論
遷移状態理論
NDC
Chemistry
abstract
「微視的可逆性(microscopic reversibility)」と「詳細釣り合い(detailed balance)の原理」は化学反応速度論(kinetics)および化学反応動力学(dynamics)における重要なキーワードである。しかし,現状では,初学者がそれらと格闘するための有効な"武器"(成書)を容易に入手できる状況にはないように思われる。同時に,RRKM理論(ミクロカノニカル速度定数)や遷移状態理論(カノニカル速度定数)などの,いわゆる統計論的反応速度論における重要式を導出するルートが複数存在するために,各理論の基本原理や理論相互の関係を把握し,さらには統計論的アプローチと動力学的アプローチそれぞれの反応論全体における位置付けを体系的に理解する(など)ということは,初学者にとって"棘の道"を歩むのに等しいのではなかろうか。このような状況に対して,棘を1つ1つ取り去ると同時に,化学反応速度理論の徹底的理解のための"高速道路網"を整備することを目的として書かれたのがこのmonographである。
description
第8版第4刷
publisher
漁火書店
date of created
2017-12-10
language
jpn
nii type
Book
HU type
Books
DCMI type
text
format
application/pdf
rights
Copyright (c) 2017 by Author
relation
第6版第1刷(2006)
第6版第4刷(2009)
第7版第6刷(2010)
第7版第7刷(2011)
第7版第13刷(2013)
第7版第14刷(2015)
第7版第15刷(2016)
第7版第16刷(2017)
relation url
department
Graduate School of Science



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times