このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14975
file
creator
subject
角運動量
Clebsch-Gordan係数
射影演算子
NDC
Chemistry
abstract
角運動量は,非常に重要な物理量の一つであるが,同時に難解な(と思われている)物理量である。角運動量について書かれた本は数多いが,R. N. Zare, Angular Momentum (Wiley, 1988)やA. R. Edmonds, Angular Momentum in Quantum Mechanics (Princeton, 1974)のような良書が日本語の成書に見あたらないのは残念なことである。本monographでは,これらの成書の展開に従って,電子スピン関数をはじめ角運動量の合成におけるClebsch-Gordan係数の意味と具体的な決定法を紹介し,角運動量固有関数の形成およびClebsch-Gordanの計算にきわめて有効な「射影演算子」について解説する。
description
第6版第3刷
第5版第2刷よりページ付変更(2012.8.24)
publisher
漁火書店
date of created
2019-01-06
language
jpn
nii type
Book
HU type
Books
DCMI type
text
format
application/pdf
rights
Copyright (c) 2019 by Author
relation
第4版(2006)
第5版第3刷(2014)
第5版第5刷(2018)
relation url
department
Graduate School of Science



Last 12 months's access : ? times
Last 12 months's DL: ? times


This month's access: ? times
This month's DL: ? times